忍者ブログ

[PR]

2017年10月23日
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ふらんすで編み物

2005年11月27日
今日も雪が積もってます。
幸い日曜日なので家で石油ファンヒーターと共にぬくぬく過ごしてますが。
あまりにも寒くってどんよりしてるんでお出かけしても気がめいってしまいます。

そこでおうちで手作りを楽しもうと考えました。
材料などが割と身近で手に入って、実用的なものが出来上がる編み物に挑戦です。 

フランスの編み物本ってけっこう凝ったデザインのモノまで載っていてなかなかお洒落。
基礎は知っているものの、編み物初級クラスのワタシはカンタンでシンプルなデザインから始めるとして、とりあえず本を一冊買ってみました。





帰宅後、店の袋に書いてあったサイトをチェックしてみると…

Phildarというこのお店、世界中の編み物ファンの間でも有名な毛糸と編み図の専門店?だったんですね。

知らなかった。


フランスでは一番手に入りやすいテキストだと思うので、今後もここの洗練されたパターンを作っていけたら嬉しいです。

編み物は初級です。基礎的なことは知ってました。

今までに完成させたものと言えば、セーター2枚ほどと帽子やマフラーなどの小物数点といったお粗末さですが…

どうやって目を作るの?とか、表編みって何?ってほど初心者ではないので、今までの知識+つたない仏語力+写真から読み取る…なんかで何とかなるわ!と軽く考えてたんです。



と・こ・ろ・が



甘かった。。。

編み物の専門用語は普段使う仏語とは全然違ーう!という事を知る。

その言葉の意味がわかっても編み物的に何をするのかがわからない。

頼みの綱の同居人ピは編み物の知識がないため使えなかった。。。



とくじけそうなところだったけど、何か編み物って魔力があるんですよね。

「編みたい!」って思ったらもう何が何でも編みたくなってくる。

編むためならばなんだって出来ちゃいそうな勢いです。



そんで調べましたよ、ワタシの命綱、インターネットを駆使して。

世界につながるインターネットって本当にすばらしいですね。

いろいろ見つけましたよ。

特に日本の編み物ファンの皆様方のページにはおおいに助けられました。

皆さんすごいんですね、英語バージョンしかない編み物本を取り寄せて編んでみたり、このPhildarの存在もちゃんとチェックされていたりとびっくりする事がいっぱい。

しかも仏語の編み物用語の研究までされている方もいて、それを見つけたおかげで何とか編めそうな目処が立ちました。

今回特に熟読させていただいたのがでたらめKnittingです。

特にFrench Lesson のカテゴリには私の知りたいことがとってもわかりやすく説明されていて感激。

ブログのデザインもとってもおしゃれでカワイくってすっかり気に入ってしまった。

こういう編み物ファンの方のページを見てるとさらに編み物の世界に魅力を感じてしまいます。



フランス(他の国もでしょうか?)の編み物本って日本のと違って方眼用紙のに描かれたような図ってあんまりないんですよね。

全部言葉で書かれてるんです。

○○目つくり目、□段ごとに2目増やす…なんて感じです。

とりあえずこの説明になれるために、本に載ってた中で一番カンタンなセーターを編んでみることにしました。



コレです⇒




サイト上で無料で編み図?をダウンロードできるらしいので興味のある方はどうぞ。

コチラ

おそらくいかにちんぷんかんぷんかがわかってもらえると思います。



でも解読するとすっごいカンタンなんです、このニット。

棒針2本で出来ちゃうらしい。

一応ワタシはこのニットの編み方は把握したつもりなので、何なら説明いたします。





というわけで、窓の外の雪を眺めながら、編み編みしてます



 ヨーロッパ生活ブログがいっぱい
PR
Comment
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Trackback
トラックバックURL:


</html>