忍者ブログ

[PR]

2017年12月12日
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

錫製の食器のひつじさん

2009年06月13日
フランスらしい古いものが好きで、ちょこちょことアンティーク市をのぞくのが週末の楽しみになってきている我が家です。

そんな私の骨董趣味をネタに、友人とカフェで仕事帰りの一杯をひっかけていた我が家の大黒柱ピ氏。

その場に居合わせたどなたかが、不要な錫食器を捨てようかどうしようか迷っていたらしく、なぜか我が家にプレゼントされてきました。

良いものだけど邪魔で、しまう場所がないのだとか。



水差し大小、一輪ざし、蓋つきの器、平皿の5点です。
確かに捨てるにはもったいないくらい良いコンディションなのですが「錫」の扱い方や価値や魅力など何も知らない私にはどう取り扱ったらよいのやら…(困惑)

銀食器のように普段使いにしてしまいましょうか。



水差し大についていた羊のモチーフが、この素材の雰囲気にぴったりですごく気に入りました。
やっぱり古いものって良い味があるのですよね。
1900年代前半のものだそうです。

PR
Comment
No title
いいなあ!!どれも素敵。
とってもうらやましいわ。

私は普通にブイヨン入れとかにしちゃって、ほぼ毎日触っています。
お返事
メグレミさん♪
せっかくなので私も普通に使ってみようかと思います。
水差しで麦茶作ったり…などと考えたらちょっと笑えますけどね。
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

</html>