忍者ブログ

[PR]

2017年07月22日
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

アンティークのシルクとレース

2010年06月21日
ご無沙汰してました…

ここのところ手づくりの時間が作れず新しい完成品ができない日々でした。
でもやっぱり、時々ハンドメイドの世界へどっぷり浸りたくなるものですね。
必要に迫られたのもあり、数時間でできる小さなものを作ってみました。



形は携帯ケースを短くした感じで、キルト綿を入れてふんわりとさせています。
鞄の中で行方不明になってしまいそうな、お仕事道具を入れるように作りました。

表布は古ーいシルク布を使っています。
かつて絹織物がとても盛んだったリヨンだからこそ手に入った少し貴重な布なのです。
手紬の絹糸を平織りにした、一見シルクっぽくない風合いなのですがこれはプリント前のサンプル布。
これに華やかな模様がプリントされて、様々な形に縫いあげられていったのだそうです。

飾りにあしらったレースもやはり古いもの。
布とレースの色があまりにもナチュラルになじんで、この組み合わせ以外考えられませんでした。

しかし、久々にソーイングをしてみて…やっぱり下手だなぁと実感。
手先はわりと器用な方だと自信がありましたが、縫物は得意分野ではなさそうです…

せっかくの貴重な手芸材料をもっと生かせる腕前になりたいと願うのでした…

次回はソーイング以外の形で使おう…と思います。
PR
Comment
No title
とってもかわいいですねぇ♪
表布が絹なんですね!
ツルンとしたイメージがあるので初めてみる風合いですが、とても素敵です。

組み合わせ方もとても素敵で参考になります^^
お返事
ちぃさん♪
変わった風合いのシルク布ですよね。
エレガント過ぎず素朴なところが気に入ってますが、ソーイングの腕が下手すぎて生かせてません(涙)
何でも上手に作れる人になりたいもんです…
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

</html>